鬱だと思ったら見るページ

生活を見直す

うつ病に関する情報をお探しの方はこちらのサイトへ。しっかりと向き合うことで症状の回復に繋がるかもしれませんよ。

何をしてもやる気が起きない状態が続いている方はうつ病の可能性があります。ぜひ一度精神科で診断してもらいましょう。

家庭生活の工夫でうつ病の治療効果が上がる

うつ病の治療において、医師による継続的且つ定期的な投薬治療と並行した、カウンセリングの重要性は広く知れることです。加えて家庭医療をそれと並走させることが、治療効果を向上させることも医療現場ではよく知られたことです。一般に、心療内科や精神科のうつ病患者を対象としたカウンセリング、というとうつの診断を受けた患者のみ、カウンセラーや医師と話をするものと思われがちですが、家族療法の一環として、患者を取り巻く環境を改善する目的で行われるものもあります。患者のうつ病の原因に家族との関わりが認められる場合に、家族療法が行われるケースがほとんどで、家庭生活の工夫を含めて患者との関係作りを変えていくことができます。

現在の家族療法の潮流

うつ病の発症原因が学校や会社の問題である場合にも、家族療法が適用されるケースも、現在では珍しくありません。学校や職場でうつ病を引き起こす原因を排除することは現実的に難しいですが、家族との関係を改善することで、その第3者的原因によって、うつ症状が引き起こされない心理状態を維持できるようになるのです。家族関係をシステマチックにとらえ、家庭生活において、クライエントの態度や発言から接し方を工夫するだけでなく、家具の配置や間接照明を含む室内の明るさ調整等、社会との関わりにおいて安定した精神状態を維持できるように、クライエントを導くアプローチが専門家の間で研究され続けています。流派や諸説がありますが、患者の日常生活の質が向上することで、少量の投薬でも効果を発揮しやすい事実が認められています。

うつ病の原型はメランコリー

うつ病の患者はここ数年において、大きく増加しました。増加してしまったのは主にストレス社会であることが原因です。今ではうつ病を患ってしまうことは珍しいものではありません。 うつ病の歴史は、遥か昔からありました。最も古いものでは紀元前からあるとされています。古代ギリシャの学者による、体内の大切な組織が崩壊することにより起こるメランコリーを発見しました。これが、うつ病の原型といわれています。 その後、メランコリーは一旦存在を消しました。しかし、20世紀に再発見されました。医学者たちの中で早速研究が進められました。紀元前から20世紀という長い時間をかけて存在を確立したメランコリーは、次第に現在あるうつ病の形へと変化しました。

ストレスを感じない世の中に

今の日本は、ストレス社会といわれています。時間に追われることが非常に多く、ゆとりのある生活を十分に送ることができていない人が多いです。そうした原因から、うつ病を発症してしまう人が目立っています。 子どものストレスについても問題視されています。教師が減少していることで、生徒1人1人へ細かく気を配ることが難しくなっています。なので、教師は勉強を教えることで精一杯です。それは親にもいえることで、子どもが大人から受ける愛情が少なくなってしまうことにつながります。愛情不足は子どもにとって大きなストレスです。 どんな人もできるだけストレスが軽減するような取組みを、様々な公共団体が行っています。無料で相談できる通話サービスなども普及しています。今後もストレス軽減への取り組みは盛んになっていくと予測されます。

うつ病患者は年々増加しています。治療費もかかる為経済的支援が必要です。

 うつ病とは気分障害の一種で、抑うつ気分、意欲・興味などの精神機能の低下、食欲不振、不眠などの症状が出現します。うつ病は精神的ストレスと身体的ストレスが重なることが原因となります。患者数は年々増加しており2008年には100万人を超えたとの報告があります。治療費は初診で7500円から15000円が相場とされています。また、うつ病の場合治療期間の平均が半年から1年とされていますが、個人差があります。一度改善しても再発する可能性が著しく高い為、休職や自宅療養を必要とする場合があります。その為、経済的な負担もかかってきます。この病気は今後も増加する傾向にある為、いろいろな経済的支援が必要になると考えます。

おすすめリンク

  • うつアカデミー

    家庭での環境づくりが心の病気の治療につながります!心身共に落ち着ける環境でストレスが軽減できますよ。

予防する

うつ病の原因は未だ不明で、どのように防いで良いのかわからないものです。また、うつ病は誰でも発症する可能性があるため少しでもうつ病の疑いがある場合は早めに医療機関で診察を受けると良いでしょう。

 詳しく読む

継続して治療する

うつ病の治療を受ける場合、短期間で治療することは難しいため長い場合は数年通院する必要もあります。その場合、費用面が気になってしまうものですが保険が適応されているため自己負担がほとんどないといえます。

 詳しく読む

克服する

病気は、ほとんどの場合が治るものです。そのため、うつ病も治療をすることで治すことが出来ます。また、一度かかってしまうと再発しやすいため再発しないためにも周囲に理解してもらうことが大切といえます。

 詳しく読む

費用を把握する

うつ病治療にかかる費用は、利用する医療機関によって異なりますが保険適応されているため費用面の心配はあまりしなくても大丈夫といえます。また、ストレスを溜め込まない生活を送るように心掛けましょう。

 詳しく読む

放置しない

うつ病を発症して、放置してしまうと最悪な場合自殺を考える人もいます。そのため、うつ病は放置せずに医療機関を利用して治療する必要があるといえるでしょう。また、電話でも相談出来るため活用すると良いでしょう。

 詳しく読む